APOLOGISTのSexy部門担当、DUKE.G-13の普段の顔をお届けします。
  • 2017/12
  • 2018-01 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/02
大江戸捜査網3
2007年04月25日(水) 17:36
ズキューン!デューク。

浅尾美和だっけ。
アレ、ビーチバレーやってる奴らの中ではかわいい、っていうさ。
それでけの事だからね。
長澤まさみと並べたら、ちっともかわいくないよ。
みんな、だまされんなよ。


大江戸捜査網の映画版見ました。
大江戸捜査網 the MOVIEです。
本当のタイトルは「隠密同心 大江戸捜査網」です。

おもしろかったです。
非常に典型的な娯楽作品に仕上がってました。
そして、いかにも「人気のテレビ番組が映画になりました」という感じが強かったです。

キャストはいつものメンバー。
といっても、松方弘樹の兄ぃの頃ですね。
里見浩太朗から松方に変わってすぐくらいかしら。
人気が一番あった頃かと思ワレマス。
ゲストで、隠密同心を組織した松平定信役で、三船敏郎が出てます。
ちょい役だけどね。

物語は武州のとある村から始まります。
役人どもがぞろぞろと村にやってきて、いきなり村人を全員殺害。
そんな衝撃シーンから物語がスターテッド。
元々幕府の裏で暗躍していたナルカミとかいうおっさんが、松平定信に追い出されて力を失っていたんだけど、将軍のゴラクインを利用して、幕府の実権を奪う&定信の失脚を企てようとする、みたいのが話の軸です。

ナルカミの陰謀を阻止しようと、隠密同心のみなさんが駆け回るわけですが、ストーリーは2転3転いたしまして、非常に見応えがありました。

そして、主人公の松方のライバルとして、同じ釜の飯を食っていたけど、今は道を違えて悪に染まっている侍が出てくるんです。
全体のストーリーに、ちょっとしたキャラクターの因縁めいた部分も添えたりなんかして、なかなか心憎い演出だなと見ていたんですが、その侍役が伊吹吾郎だったんで、なんだか笑えました。
彼はいつもこんな役ばかりだね。
まともな役、水戸黄門の角さんくらいか?

いずれにしても、90分間充分楽しめました。
力抜いて見れて、いい感じです。
でも、映画だと血しぶきとか腕チョンパとか映しても大丈夫だからといって、必要以上に見せつけるのはどうかなーって。
思イマシタ。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog