APOLOGISTのSexy部門担当、DUKE.G-13の普段の顔をお届けします。
  • 2018/03
  • 2018-04 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018/05
大江戸捜査網4
2007年05月25日(金) 17:44
ゲキレンジャーのブスイエロー、セブンイレブン(ナナコの)のCMに出てるよね。
なんかむかつくなー。
貴様ごときが何様のつもり?
って思っちゃう。

ウルトラマンマックスの最終回、結構大味だったなー。
だから泣かなかったよ。
でもラストシーンはすごく良かったと思う。
いずれにしても満島ひかりはかわいいよね。
電王でもやはりかわいかった。
いいよな、そういうの。

ところで、これだけ言っといてなんだけど、「満島」ってなんて読むのかね?
「みつしま」?
「まんじま」?

さて、大江戸捜査網。
今、時代劇チャンネルで放送しているのは、1992年あたりに放送されてたシリーズで、このシリーズの最後となりやんす。
主演は橋爪淳。
京本政樹も出てる。

これの前のシリーズが「新大江戸捜査網」ってやつで、並木シロウさんって二枚目が主演だった。
この「新大江戸〜」は、従来のシリーズとは違う色を出していて、オープニングの曲も違うし、おなじみの「死して屍拾うものなし」ってナレーションもないんだ。
違った世界観を出そうとする異色作であり、意欲作だ。

おもしろいのが、悪い奴を倒しに行く前に、かならず紫の頭巾かぶった女が、悪者の屋敷に手紙を出してくる。
門のところに、ドスで手紙を刺し立てておくんだけどね。
手紙には連中が行った悪事が並べられ、以上により隠密同心がやっつけに行くんでヨロシクどーぞ、みたいな事が書かれてる。
結構その手紙が噂になっていて、「この手紙が届いて生き残った奴はいないと聞き及びますぞ」みたいな事を言って、悪党どもが震え上がるというね。

ちなみに松平定信役を嵯川哲郎(隠密同心・井坂十蔵役の人)が演じてて笑えた。
ま、結局あんまり見なかったんだけどね。
ノリにあんまりなじめなくて。
ただ、悪党を斬る時に並木シロウが「冥土への早飛脚、ご案内つかまつる!」とか言うのはかっこ良かったよ。

今やってる橋爪版の方は、今までのシリーズに原点回帰する感じになってる。
まあ見やすいよね、オレにしたら。
オレ的な見所は、京本政樹。
もちろん、隠密同心のメンバーで、普段は同心という役どころ。
中村主水以上に、まともに仕事しない同心なんだけど、京本先生の役の作り込み方が、かなり笑える。
はっきり言ってやりすぎ。
簡単に説明するなら、遊び人の同心なんだけど、あの役へのこだわりってのは、宮内洋と同じにおいを感じるよ。

でね、各シリーズ見てると言う事は、それぞれの最終回も見てたりするんだけど。
里見浩太朗版の時は、身分がとても高い人が悪人だとわかったんだけど、斬るに斬れないと。
で、「オレは隠密同心をやめるぜ」と言って、証である懐刀を返上してお偉いさんを斬ると。
で、その場で切腹しようとするんだけど、隠密支配の内藤勘解由に止められ、上方に行くように言われて、仲間と別れる、みたいな感じだった。

松方弘樹版。
同じくえらく身分の高いお方が悪人だと発覚。
ちなみにその悪人、宮内洋が演じてた。
松方は成敗させろと影の御前(この御前、最終回いきなり出てきて、しかも顔は映らない。つねにかさをかぶってる)に訴えるけど、「上様が必ず罰するから我慢しろ」と拒否。
結局町人が犠牲になってしまう。
宮内をかばうあまり、町人に被害が及ぶとわかっていながら、松方達を制してしまった影の御前は、松方らに、被害にあった町人に詫びるため切腹。
最終回に急に出てきて、顔も映さず、いきなり切腹。
話の急展開というか、適当ぶりに感情移入も出来ず、ただただ唖然。
怒りのままに宮内ら悪党を斬った隠密同心は、そのままどっかに消えてしまう。
「その後、隠密同心を見た者はいない…」というナレーションで終わり。
あれ?
これってトンズラじゃね?
偉い人斬ったから、罰せられるのがいやなんで、トンズラ?
実は並木版もこのパターン。
並木もトンズラ。

「身分の高い人を斬ってトンズラ」。
これが大江戸捜査網の最終回のトレンドだ。
切腹しようとした里見はまだしも、トンズラじゃねぇ…。
橋爪版は果たして。
興味は尽きない。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog