APOLOGISTのSexy部門担当、DUKE.G-13の普段の顔をお届けします。
  • 2017/11
  • 2017-12 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/01
子連れ狼
2007年07月05日(木) 19:38
ズキューン、デュークです。
最近は惑星アイドルにハマってます。
先週のWPB、熊田曜子のビキニ小さすぎ。
具がはみ出そう。

いやあ、オレもやっとこ、この作品をいじることになりましたということで。
今ちょうど、時代劇チャンネルで放送してるんだけど、チャンネルとしては、去年の3月からの放送が、チャンネル初ということで、かなり特集番組やったり、番宣もバシバシやってて、かなり盛り上げててね。
その時にオレも、毎回のようにビデオに録画して、熱く見ていたりしたんだけどね。
最終回は去年の7月か8月あたりだったんだけど、その最終回および終了間際の10数回の放送分をオレが見たのは、わりと最近だったりする。

なぜそんなにハマっていた子連れ狼の最終回を見るのが遅れたのかと言うと、去年の夏あたりと言えば、そう、ワールドカップ(以下WC)です。
全部サッカーのせいだ。
WCのせいで、一旦見なくなると、続きを見るのって、なんだかおっくうダヨネ。

しかし、前回のWCは、ホントにイタリアが優勝して良かったよ。
’94のバッジョがPK外したアレの雪辱を果たしたようなさ。
リッピ監督も、オレの好きな監督だったし、今回のチームも、おもしろい選手が多くいたしね。
仕事の休憩中とかにもテレビ観戦したりして、イタリアの試合は全部見たんだよ。
どの試合も楽しく観戦させていただきました。

今回だと、オレのお気に入りは、トーニだね。
ずば抜けて活躍したわけじゃないけど、今まであのタイプはイタリアにいなかったFWだよ。
古いタイプのFWとも言えるけど、体もあるし、どんどんゴールに向かってくしね。
それでいて、案外ダイナミックに決めて魅せやがる。
女にだらしなさそうな顔をしてるあたりも、イタ公って感じでいいよね。
カンナバーロも異常に神がかってたよ。
めちゃめちゃ動き切れてたしさ、あの体格(175センチくらい)で、ストッパー務めてるの、伊達じゃないよね。
オレがカンナバーロを初めて見たのは、もう10年以上前になるけど、奴が新人で、ナポリにいた時のことだよ。
いいDFだなーとは思ったけど、次のWCでは、早くも代表のレギュラーで、ここまでイタリアを代表する選手になるとは思わなかったなー。
そういう感じで、カンナバーロってのは、長いこと見てきた選手だから、彼が中心となってWCを優勝したってのは、本当に嬉しいよね。

しかしアレだなー。
決勝のイタリアvsフランス。
例のジダンの頭突きね。
なんかマテラッツィが差別的発言だなんだって言ってたけどさ。
ジダンなんか、もともとプッツン野郎じゃん。
’98のWCでも、サウジの選手に思いっきりフットスタンプかまして、レッドカードもらってたし、チャンンピオンズリーグでも、暴れちゃったもんで、5試合くらい出場停止になってたじゃん。
元々とんでもない野郎ってことだよ。
それを日本のメディアだと、ジダンに同情的な報道しててさ。
結構ムカついたけどね、オレは。
ジダンが退場していって、ざまあねぇなとか思いながら見てたんだけど、去って行くジダンの後ろ姿の横に、ワールドカップが置かれててさ。
やけに絵になっちゃっててさ。
この映像がこの後何年も名場面として紹介されるんだろうなと思ったら、さらにムカついたよね、なんだか。
ちなみに、マテラッツィの暴言の真相ってのが、マテラッツィがあんまりジダンのユニフォームつかむもんだから、「そんなにユニフォームが欲しいなら、あとでやるよ」ってジダンが言ったら、「ユニフォームより、お前の姉ちゃんの方がいいよ」って言ったらしいね。
普段のオレが言うようなセリフだよ。
そんなんでキレるんだね。
ラテン系はこわいよ。

あ、ごめん。
気づいたら、子連れ狼の話は全然してない。
また次の機会に。
こんばんわ。
結局ジャニーズの必殺は見逃してしまいました。
ま、大したことないでしょ。
必殺。
「必殺」始まりますね〜☆ジャニーズですね〜☆

何年か前の「俺たちの旅」もジャニーズで……

全然なっちゃいなかったと思いましたが……

今回どんなもんでしょ?
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog